2006年01月25日

値引き交渉はキャラクターと合わないということを知った

今日の買い物。

これ買った。

マッサージチェア〜。
歳を取ってきて、体のアチコチが痛くなってきたと口癖のように言う両親や、一生懸命働いてくださるパートさんのために、せめてもの気持ち・・・・・・
なんてものは、これっぽちもなく(爆)、ただ単に自分が欲しかったのだ。
最初はナショナルのリアルモミモミがいいなと思っていたんだけど、ナショナルの4つ玉だと腰のあたりを深くまで刺激できないような気がしていたし、こちらのは「肩ぐうマッサージ」という独自に肩口から背中にかけて刺激する装置がけっこう気持ちがよかった。あとナショナルは腕のマッサージが、両面鉄板のように挟み込むのも、夏の暑い時期は汗ばんでしまいそうで嫌だった。
あとポイントが高かったのが、エアーマッサージの気持ちよさ。玉ユニットの刺激はとても疲れたときには確かにいいんだけど、毎日毎日、そうそう疲れているわけではなく、軽く筋肉をほぐしてもらうような軽いマッサージが日常では重要だと感じていた。そのソフトな刺激を与えるエアーバッグ刺激の完成度がとても高く感じた。音楽を聴きながら座るには、ソフト刺激の方がいいしね。

今日は、ナショナルとフジの機器に実際に座ってみての比較が目的だったので、今回は買うつもりはなかった。
でも値段くらい聞いてもいいだろうと、マッサージチェアーにふんぞりかえりながら、店員を人差し指1本で呼んだ。

オープンプライスで、店頭表示価格は38万8000円だった。
今回値段を調べてこなかったけど、33万円に下がれば10パーセントのポイント割引で実質30万円だなと計算し、それにどこまで近づけるか聞いてみた。

「あっちこっちの店に行って値段を見るのも面倒なので、最初から下げるだけ下げた値段をもっといで」と、高飛車な演技をする。
すぐに奥に引っ込んで行く店員。
(348、くらいかな〜)
そんな計算をしつつ待っていると、店員が戻ってきた。
表示された金額は32万8000円だった。

うひょ〜、そんなに下がるんだー。
そんな表情はおくびにも出さず、「いや、まだ下がるんじゃないの?」とダメモトで聞いてみた。
すると、うーんと頭をかきながら、また奥へ引っ込んでいった。
(えっ、さがるんだ)
表示された金額は32万円ジャスト。v(`皿´)ノ~'' やったー
気が付くと、配送伝票を書いていた。

満足でウチに帰って、ネットで最低価格を調べてみた。
26万8000円・・
( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン………
posted by ひろりん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | とほほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

マッサージチェアってそんなにするんですか。
知りませんでした。

昔はアキバ中を足を棒にして底値を探すのが喜びだったんですが、最近はアキバの店頭価格よりネット価格の方が安い事が多いです。
家電だけではなくCDやDVDも、安いと言われるお店よりもネットの方がお得だったりします。
でも、店頭でないと見つけられない掘り出し物があったりするので、店屋めぐりもやめられません。
Posted by judas at 2006年01月25日 23:28
どうもです。
マッサージチェア業界はここ3年くらいで急成長を遂げている分野です。
毎年、惜しみない新技術が投入されて、日進月歩の勢いですよ。

最安値のお店は、オカシなくらいに安いです。
逆にあれだけ安いと、不安な気持ちになります。

CDやDVDは、昔はいろんな店舗を巡ったものですけど、最近はまったく店舗では買わなくなりましたね。
去年はおそらく100パーセント、ネットです。
でもネットだけで見てると、興味のあるアーティストしか検索しないんで、逆に音楽の視野がせまくなってくる気もします。
たまには外に出ないと駄目ですねぇ。
Posted by ひろりん at 2006年01月26日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。