2005年09月21日

カリオピ

ac426310.bmp突如復活。今日の1枚。

KALLIOPI VETTA / HORIZON (2003) ギリシア

アネモスのカテリーナ嬢のような本格的な表現力をもった美声ボーカリストの2003年作。
荘厳かつドラマチックにうなりを上げるオープニングから美声が響き渡り、極上のギリシア哀愁のアレンジが曲を引き立てる。地中海の文化を感じさせるトラディショナルな雰囲気から、都会的なセンスに溢れた楽曲、さらにエキゾチックないかにもギリシアポップスといった雰囲気の曲などもあり、アネモスよりも音楽性の守備範囲は広く感じるところ。タイトルの「地平線」のごとく、雄大でいながら、人間の哀しみにも目が向いているといえるかも。
アコースティックギターの哀愁の旋律で神経を研ぎ澄まされ、声の高域の部分で魂を揺さぶられる。1や7では、もはや歌ってすらいないのだけど、美声という武器を縦横無尽に表現し尽くして聴き手にドラマチックな感動を与える展開は人間界を超えた天上界のような境地だ。素晴らしすぎ。超一級の完成度のギリシア女性ボーカル物の傑作だと思う。大音量で再生すると、部屋の空気が一変します。
posted by ひろりん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシアのロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。