2004年12月09日

ホット・ターキー

今日の1枚。
GULSEN / of... of... (2004) トルコ

ジャケで悩殺されてしまうトルコのシンガー、ギュルシェン。4作目になるらしい。
エキゾチック・トルコ(?)といった感じの色気で勝負のキャラクターだと思いきや、凄みのある低音で声量たっぷりの歌声は迫力があるし、10曲中8曲を自身で作曲するなど、本格派の雰囲気。外見をいい意味で裏切ってくれます。
どこか懐かしい香りのするダンサンブルポップスといった感じで、リズムマシーンのビートに乗せて70年代80年代のディスコの香りのする音色が飛び交う。時折ふっと入ってくる民族楽器の響きが、そういった曲調と何事も無いかのように共存していたりするのが面白いところ。時代や国境や民族といった区分けを、事も無くひょいひょいと飛び越えているかのようで楽しい。まさに文化の交流点のトルコという感じ。同一曲でレトロバージョンとクラブバージョンというアレンジ違いの曲を収録したりもしている。
多少、力技で押し切りすぎていて全体を通して聴くと単調な部分もあるんだけど、エキゾチック&ダンサンブルの1と2、アルヴァニタキも歌ったという4のメロウなポップス、オーケストラとアコースティックが美しく絡み合い印象的な展開をする3、6あたりが印象に残るところ。

gulsen1

gulsen2
posted by ひろりん at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーロッパ以外のロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トルコを旅行してギュるシェンの歌を好きになってここまでたどりついた韓国人です。韓国はまだ日本に比べて音盤市場が大きくないので、マイナー音楽を聞く機会があんまりないんです。日本だったらたぶん歌詞の日本語訳もついてcdが出されているかも?と思いました。もし歌詞の日本語訳があったらお願いしてもいいですか?メールアド添付したんで。タイトル曲のof..of..だけでもいいですよ。お願いします。
Posted by 14 at 2005年12月01日 17:44
14さん、はじめまして。
韓国の方ですかー!!
ギュルシェンはルックスがよくて、歌もうまいし、いいですよね。エキゾチックなアレンジもよいです。

> 韓国はまだ日本に比べて音盤市場が大きくないので
プログレ系は韓国レーベル経由で入ってくることも多いので、これは意外です。
日本でも、マイナーな音楽を扱う小規模CDショップが限られた枚数を買い付けてくるだけなので、見たときに買っておかないとすぐに消えてしまいます。今は入手困難だと思います。

>もし歌詞の日本語訳があったらお願いしてもいいですか?
もちろん輸入盤なので日本語訳はないんですよ。
トルコ語になるんですかね。
予想では、「あなたを誘惑するわ〜」みたいだと思うんですけど(笑)
Posted by ひろりん at 2005年12月01日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。