2004年08月25日

芽生えの時

ワインが好きな人は孤独な人が多いのだそうだ。
反論できず。

今日の1枚。
EMTIDI / saat (1972) ドイツ


カナダ人女性のDolly Holmes(vo,organ,piano,mellotron)とドイツ人男性Maik Hirschhfeldt(g,fl,syn.per,vo)によるフォークディオ。70年にファーストを出した後に、ヘルダーリンのファーストと同じピルツレーベルに移籍して発表されたのが本作。邦題は「芽生えの時」。プロデュースはレーベルの生みの親ウルリッヒ・カイザー。
神秘的な透き通った美声とアコースティックな楽器が絡む、基本的にはブリティッシュフォークのようなスタイルなんだが、ギターの音色に歪んだ処理がなされていたり、メロトロンが垂れ流れていたり、浮遊感漂うサイケデリックな表情がジャーマンロックそのものだ。歌詞は英語で、英国の田園を思わせるメロディを歌っているのに、空を見上げるの迷彩色に染まっているという印象。素朴さと幻想が交錯する非日常な異空間といった感じで、夢、宇宙、幻といったキーワードが浮かぶ。ただ、あまり上手いとはいえない男性ボーカルが時折入って、イマジネーションの進行を止めてしまうようになってしまうのが残念。もしかしたら歌詞に抑揚をつける意味があるのかもしれないけど、全面に女性ボーカルを配した方がよかったと思う。
ジャーマンロック円熟期の1枚。聞き手に緊張を強いるバンドの多い中にあって、この聞き易さは貴重。ドイツ国内では培養されない音楽が、ドイツ国内でしか培養できない音楽と融合した1枚だと思う。


Saat
posted by ひろりん at 23:45| Comment(4) | TrackBack(1) | ドイツもコイツもロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔フールズメイトで
「ジャーマンロックファンはミーハーであることを証明する一枚」云々とか書かれてましたなぁ。
私はほとんどジャケ買いなんですが、LPだと異様に良いです。
その後CDも出てますが、CDは買っていません。
理由は最後まで聴く前に眠ってしまいそうだから。。。
Posted by eric55 at 2004年08月30日 19:54
ericさん、どうもです。
なんとなく反応してくださると思ってました。

レコードを漁っていて、ジャーマンロックの見慣れたジャケットが出てくると、手が止まってしまうほどインパクトがありますよね。
値段を見て現実に戻るんですが(笑)
エム・ティ・ディ、CDは音の粒が明確になっているそうです。
アナログの音は知らないんですけど、モヤみたいなものが漂ったトーンの方が浮遊感に満ちていて良さそうです。

フールズメイトは、一度も読んだことがありません。
バックナンバー探してみようかなあ。
Posted by ひろりん at 2004年08月30日 22:24
プログレ愛好者の憩の場「Progressive Cafe」というブログをやっている者です。拙ブログでもEmtidiを紹介したので、TBさせていただきました。

「Saat」は先日久しぶりに聴きましたが、やはり良いですね。1stは聴かれたことはありますか?
Posted by francofrehley at 2004年12月08日 09:25
francofrehleyさん、はじめまして。
コメントとトラックバック、ありがとうございます。
「Progressive Cafe」、少し拝見しましたが、とてもボリュームがあって見所がいっぱいありそうです。
あとでゆっくり見てみますね。

エム・ティ・ディは「Saat」しか聴いたことないんです。
ファーストも同傾向の作品らしいですね。機会があったら、聞いて見たいです。
同じレーベルということで、ヘルダーリンのファーストとセット、という印象があります。

ジャーマン・シンフォって、独特の堅さがあって好きです。
とはいってもエデンやノヴァリスあたりを聞きかじった程度なんで、常々、再度突入したいと思っているジャンルです。
Posted by ひろりん at 2004年12月08日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Emtidi
Excerpt: 〜 プログレバンドしりとり合戦 #43 〜 ・投稿コメント (アレンさん) ドイツのフォーク・プログレ? ちょっと変わってます。。 ・補足 ドイツのバンドということで紹介されることが多いが、カナ..
Weblog: Progressive Cafe
Tracked: 2004-12-08 09:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。