2004年06月06日

osiris

今日の1枚。
OSIRIS / Osiris (1982) バーレーン

ファーストアルバム。
バーレーンってどこよ。
中東はペルシア湾西岸の島国。面積は対馬程度。人口約50万人。そんな国にも存在するプログレバンド。1968年までイギリスの保護領だったことの影響だろうか。歌詞は英語。
メンバーは、ギター、ベース、ドラム、キーボード×2に、いろんな楽器をこなす2名が合計7名がクレジットされている。メンバーの写真をみると、顔に彫りがあってみんな立派なヒゲをはやしたアラブな顔立ち。にも関わらず、比較的オーソドックスなシンフォニックプログレをきかせる。キャメルやジェネシスあたりに影響を受けたそうで、叙情的な曲が多く、ボーカルはまさに初期のキャメル。ただ、時折見せる無国籍なメロディフレーズが、わずかに地域性を感じる。
バーレーンという冠詞を外せば、多少インパクトに欠けるんだけど、丁寧なアンサンブルで大所帯ながら堅実に曲を構築しているのに好感が持てる。各メンバーのインタープレイからテーマに戻る展開の5曲目など、なかなかのもの。

ジャケットは、いかにも中東。

b14e1bba.jpg
posted by ひろりん at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ以外のロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。