2006年07月01日

さらばワインセラー

ワインセラーの調子が悪い。
数日前から、まるで瀕死の白鳥のように、低い呻き声のようなファンの音と、力なく発光する液晶画面だったが、ついにウンともスンとも言わなくなってしまった。
夏はこれから本番、きっちり14℃に冷やした赤ワインを飲めると思ってたのに・・。
意気消沈しながら、中に入っているラ・ターシュやシャンベルタン(大嘘)を出そうと扉を開けると、コントのように水がばっしゃーんと。
( ̄□ ̄;)!!なんじゃこりゃ〜。
下半身ずぶ濡れになった。

ひとまず雑巾で床を拭いて、ワインを取り出してワインセラーを観察する。
きっと、この水が機械の内部に入っちゃったんだろうな。
あと、ワインセラーを冷蔵庫の上に置いておいたので、セラーと冷蔵庫の間にも水がたまっていて、これがセラー内の湿気をあげてたのかも。

どうしようか・・・。
買って1年内なのでメーカー保証期間だろうからじっとしていればいいものの、自分でなんとかできるかもと、いつもの悪い癖がはじまった。
ドライバーを持ってきて、セラー後部のネジを開けて、カバーを取り外す。
取り外ずそうと思うんだけど、何かに引っかかっているようで開かない。
わずかの隙間からは案の定水がでている。電気系統のショートだろうか。なんとか開けてみようと、ぐっと指に力を入れたそのとき・・・・

バキッ

何かの折れる鈍い音。
そしてバラバラと落ちるプラスチックの破片・・・。

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

やってもうたー。
セラーの(おそらく)冷却部をへし折ってしまった・・・。

短い付き合いだったが、これでお別れ。
壊れた安物のワインセラーと、素直に修理に出せばよかったと肩を落としている僕の横で、無理やり出されたワインたちが冷やかな目を向けているようだった。


posted by ひろりん at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | とほほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか・・・・
やはりあまり安いものはダメなのか・・・

危ない 危ない。
Posted by chenin at 2006年07月02日 02:17
cheninさん、こんばんは。

やっぱり安物は駄目なのか、はたまた使い方が悪かったか・・。
けっこう悪条件下で、しかも6本入りなのにハーフボトルをうまく組み合わせて10本くらい入れてたし・・。
ま、でも音がうるさかったので、長く使う機器ではないかなとは思ってました。

というわけで、新しいワインセラーを物色してるんですけど・・・、意外と業務用以外では安いんですねえ。
デバイススタイルか、ファンビーノというので迷ってます。
Posted by ひろりん at 2006年07月02日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。