2015年07月04日

クリス

時期を逸した話題なんだけど、6月27日にイエスのクリス・スクワイアが亡くなったそうだ。
5月に急性白血病であることを発表して夏のツアー参加を見合わせて治療に専念していたとのことだが、わずか1ヶ月で亡くなってしまった。67歳だった。

僕にとってイエスの存在は大きくて、高校生の頃に聴いた「危機」や「こわれもの」にぶっ飛んで以来、ずっとプログレの世界に浸かったまんま。
集合離散の激しいイエスの中で、デビュー以来ずっと在籍し、すべての作品に参加。気まぐれなメンバーが出て行けば強力なメンバーを召集するなど、音楽的にも、人事的にも間違いなくリーダーであった。
個性の強いメンバーの中でも、けして埋没しない存在感たっぷりのベース。というか、みんなが好き勝手にやっているのを纏め上げていたのがクリスのベースとコーラスであって、なおかつゴリゴリっと存在感を際だたせるのだから、もはや化け物。90年代の奇跡の合体8人イエスで、ギター、キーボード、ドラム、ボーカルが二人づつ居たのに対して、ベースはクリス一人だったのが象徴的。唯一無二のベーシストだった。
ちなみにバンドやってた頃も、クリスのベースはカッコいいとは思ったけどコピーしようとは思わなかった。
「こわれもの」、「危機」、「リレイヤー」、「ドラマ」。膨大なイエスの作品の中でも特にこの4枚が好きだが、そのどの作品にもクリスが輝いている。また一人、好きなミュージシャンが居なくなった。合掌。

20150704142908968.jpg


posted by ひろりん at 14:29| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。