2015年10月29日

9+1

ELEFTHERIA ARVANITAKI / 9+1 ISTORIES (2015) ギリシア

ギリシアのベテラン女性ボーカル、エレフセーリア・アルヴァニタキの最新作。前作から7年ぶりとなる通算13作目。
ギリシアには女性ボーカル物で良作が多いんだけど、その中でも個人的に最も信頼しているのがアルヴァニタキ。57年生まれなので、もう58歳でびっくりだけど、これまでも、そしてこれからも傑作を生み出してくれる安心感がある。
本作も例にもれず傑作。1曲目のギリシアの大御所シンガー、ヴァリシス・パパコンスタティヌとのデュエットが異色だけど、それ以外はいつものアルヴァニタキ節ともいえるもの。アコースティックギターやピアノ、アコーディオンやブズーキなどが奏でる哀愁のギリシア旋律に、独特の透明感のあるアルヴァニタキの声がのると、眼前にはエーゲ海の夕暮れが浮かび上がるのだ。
どの曲も良いんだけど、2〜5の静かにはじまってサビで炸裂するアルヴァニタキ節にニンマリさせられる。9の躍動感のあるビッグバンド風もかっこいい。
  • 20151029073755881.jpg


posted by ひろりん at 07:38| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシアのロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。