2014年11月26日

FLEUR / SIYANIE (2005) ウクライナ

3作目。「Shining」と訳す。
1〜3作目は、どの作品も大きな印象は変わらず、相変わらずのアコースティックアンサンブルと明るさの微塵もない哀愁の曲が並んでいる。
この初期3作品はフランス盤も出ていて、エレーナの声なんかフレンチポップスにぴったりとも思うんだけど、売れなかったんだろうな。
ちなみに今は、初期3作をひとつにパッケージしたCDがあるので、最初にこのグループに触れるならコレで決まり。



オルガさんの作品。
哀メロしか作れないようだ。



エレーナ節爆発。必殺の曲でしょう。


posted by ひろりん at 14:56| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ヨーロッパの国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

FLEUR / VOLSHEBSTVO (2004) ウクライナ

2003年のセカンドアルバム。タイトルは「MAGIC」と訳されるらしい。
ファーストアルバム同様、アコースティックなスタイルでの楽曲群。きっちり7曲づつをオルガとエレーナで分け合う。
この人たちの作品は、すべてのアルバムに共通するんだけど、突出して素晴らしい曲というのはなくて、全部いいという感じ。かといって単調ではなく、それなりに起伏があるうえに声がまったく違うので飽きることがない。



2006年のライブ映像。
エレーナさん、ほぼ微動だにせず。




今度はオルガさんほぼ微動だにせず。
お互いの曲には、最低限の介入しかしないのだ。
コーラスもほとんどつけないけど、この曲ではつけている。
posted by ひろりん at 16:07| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ヨーロッパの国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

FLEUR / PRIKOSNOVENIE (2002) ウクライナ

ここ10年くらいの間、最も聞いているのはプーだったりズファンティ関連だったりするんだけど、もうひとつがこのフルール。
ウクライナのオデッサで結成されたグループ。
このグループの大きな特徴は、異なった個性をもつ二人のソングライターがそれぞれに歌っているということ。
アコースティックギター担当で、フレンチポップスのようなあどけない声質のエレーナ。
ピアノ担当で、フォークトラッドな声質のオルガ。
この二人の楽曲がすべてのアルバムで同曲づつ、さらに偶数曲はオルガ、奇数曲はエレーナといった具合に規則正しく振り分けられている。

個性際だつ二人のボーカルに、アコギ、ピアノ、フルート、チェロ、コントラバス、パーカッションという布陣。
曲調は、明るさは微塵もなく、哀愁感のあふれる暗い曲ばかり。
ブリティッシュフォークに近い雰囲気だ。

冒頭に必ず入る1分くらいのオープニング後の2曲目と3曲目。
この2曲で僕はイチコロにされました。

デビュー作にして、とにかく恐ろしい完成度。
無駄な曲はもちろん、無駄な瞬間さえないと感じるほどでした。




これが2曲目のオルガさんの曲。デビュー間もない頃。





こちらが3曲目。エレーナの曲。
この2曲が気に入れば、全作品買うしかないでしょう。
posted by ひろりん at 07:45| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ヨーロッパの国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

LE ORME / LIVE IN PENNSYLVANIA


2005年のNEARfestのライブの模様。

現在脱退してしまっている、オルメサウンドの要、アルドーの声が堪能できるのがいちばんの魅力。
堅実なキーボードのボンさん、バイオリンも操るツインキーボードのアンドレア・バッサート、お調子者ドラマーミキティの4人編成。アルドーがシタールを持ち出したりと、いかにも70年代を生き抜いてきたバンドらしい面も見える。
収録曲は当時の最新作L'infinitoから5曲、包帯の男から3曲、フェローナから9曲、コラージュから1曲とファンにはたまらない選曲だ。

70年代のライブでは演奏力の拙さが馬鹿にされていたけど、安定した演奏。オリジナルキーボードのパウウリカはいないけど、あまり気にならん。
posted by ひろりん at 17:39| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアのロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE / LIVE IN SEOUL

2011年10月8日のソウル公演。
ツァラストゥラ全曲と、1st全曲を演奏。
ガリフィ在籍時の、もうひとつのムゼオ。
主役はもちろんガリフィ!ではなく、イタリアンプログレ界の女王、エリーザ姐さんだ。
ムゼオを含め、むさ苦しいおっさんばかりのシーンの中で際立つ妖しい美貌。キーボード群に囲まれながら、時代を超えてヘビーシンフォニックを奏でる姿は圧巻。ドラム、ギター、ベースも鉄壁の演奏。それに、伝説のガリフィの声が乗るんだから贅の極み。
1stの曲も、なんの違和感なく同居。もうひとつののムゼオの奇跡の絶頂期の記録に感激だ。20141118155319045.jpg
posted by ひろりん at 15:53| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアのロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かが美

毎年恒例の年末の熱田神宮詣でのお昼。
いつも、ひつまぶしの名店、蓬莱軒さんを利用するんだけど、前よりも800円も値上がりしているのにビビって、近くのこれまた名店のかが美さんに。
ここもまた値上がりしてたので、ひつまぶしは諦めて、うな丼に。2400円なり。

カリカリの皮に絶妙なタレ。
美味しいに決まってるっしょ。
  • 20141118143816997.jpg
posted by ひろりん at 14:48| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

ポール5月来日

は?

また来るとは言ってたけど、早すぎだろ!
と、100万人くらいは思っているだろうな。
posted by ひろりん at 13:01| 愛知 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

バンコ来日中止・・・

ジャコモおじさんが交通事故で他界。
一度は臨時ボーカルをたてて来日すると伝わってきたものの、準備不足のために結局中止となった。
準備不足もあるだろうけど、おじさんの替わりは居ないってことだろうね。
唯一無二の存在を、ロック界はまた失ってしまった。
残された作品を聞き続けます。

僕のバンコ初体験はこれ。
スカパーのデジタルラジオから流れてきたこの曲でびっくり。
前半の破綻寸前の疾走感、、そして後半のジャコモのボーカルの神々しい高揚感。
今さらながら、とんでもないバンドだなあ。



と同時に、マスケラとホストソナテンの来日も中止になってもうた・・・
ここ数年来、おそらくもっとも聴いているだろうこの2バンドだったんで、
初来日→バンコ以上の大好評→前座やフェスではない単独来日
の流れを勝手に想像してました。
中心人物のファビオ・ズファンティには、いつか会わないといけないだろう。
posted by ひろりん at 17:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

大雪



見たことのない光景の広がる御殿場アウトレット。
そしてこんなに人の居ないアウトレットもはじめてだ。
しゅうちゃん、はじめてこんなに雪を見たね。
posted by ひろりん at 15:42| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

マリオット52階ジーニス


結婚5周年ということで、結婚式披露宴をした名古屋マリオットでランチ。
おとうさんとおかあさんは、ここの51階で結婚したんだよ。





結婚式のときと同じ快晴な天気。
名古屋の街も変わりゆく。
大名古屋ビルヂングがないのに馴れないね。
この地下にリニアの駅ができるようだ。

posted by ひろりん at 15:42| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

HOSTSONATEN / Summereve

あまりじっくりと音楽を聴く余裕がないんだけど、とりあえず今年最初に聴いたCD。

4月にやってくるホストソナテンの2011年作。
11年の歳月をかけて完結した四季シリーズ最後の1枚。
シンフォニックロックとしてとにかく素晴らしいこのシリーズ。
風景を音に変える様が半端なくて、ドラマチックな部分や、ロック的な疾走感もあるしで。

春(復活、誕生)夏(壮年)秋(晩年)冬(死)と展開していく夏の本作。
もちろん夏といっても、ビーチボーイズになるわけもなく、描かれるのは夏の夕暮れや星空、爽やかな海といったところだ。
完結作ということもあって、それぞれの季節のメロディーが織り込まれたオープニングで胸がいっぱいだ。
季節はめぐる。そして人の人生もまたしかり。
終わりは始まりであり、始まりは終わりでもある。
今日という日は二度と来ないが、明日は必ず来る。


posted by ひろりん at 15:14| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

年末の記録



毎年恒例の大学時代の友人との忘年会のため東京へ。
結婚します報告と、結婚してました報告があって驚きモモノキ。


会場は御徒町だったけど、妻がみつけた格安プランでニューオータニに宿泊。
ザ・ホテルといった感じの高級感。
メイン棟やらタワー棟やらあって、階層も分かりにくく、迷宮のようだった。




朝食ブュッフェ。
朝食付きプランでなければ、3800円ダヨ。




ニューオータニに車を置いて、表参道に奥さんの買い物に付き合う。
北欧雑貨の100円ショップみたいな。
整理券がないと入られず、整理券をもらうにも並ばないといけない。
先月行った大阪のお店ではすぐに入れたのに。。





明治神宮にお参り。
清正の井戸。



東京駅周辺散策。
いつの間にこんなのできたんだキッテより駅を望む。
いい駅だね。



ニューオータニに車を取りにいって帰宅。
駐車料金にビックリ。
宿泊代よりも高いんですけど。。。
魔法のカードで無料に。
posted by ひろりん at 17:31| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

新年会

ロワジールホテル内の和食屋さんにて、ひろりん家新年会。
甥っ子姪っ子が8人もいれば、個室を貸しきらないと大迷惑。
通常2万円かかる個室料金が、お店の個室が満席でホテルのお座敷を使うということで、無料だった。
明日誕生日の母のバースデイケーキ持ち込みもよくて、取り分けてもくれた。
いいお店だ。



posted by ひろりん at 23:57| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

お正月

我が家のおせち
posted by ひろりん at 23:40| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

今日の富士山

今日もバッチリ見えました。
東京にふらりと行ってきます。
posted by ひろりん at 18:10| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のランチ

パリを思い出すね。
ニューオータニの外のカフェにて。
寒いけど、子連れには外の席のほうが気楽だね。
posted by ひろりん at 18:10| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀ブラ

新歌舞伎座。
おお、これが。
いつか見たいね。
posted by ひろりん at 18:10| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

クリスマス

ヨメスゲー
パイツリー
posted by ひろりん at 22:23| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

本日のランチ

新栄南にあるフレンチビストロのお店、シェ・トト。
これで前菜とパンがついて920円(だったかな)。
素晴らしいコストパフォーマンス。
しかし、これを女性客たちはペロリと食べられるんだろうか。食べるんだろう。

奥さんはこちら。
posted by ひろりん at 18:10| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トミカ博 名古屋

しゅうちゃん大興奮。
子供連れがほとんどだけど、中にはトミカマニアと思われるおじさんの姿も。
来づらくないのかな。好きだから、んなことは言ってられないか。
自分の趣味が、音楽鑑賞でよかったと少し思った。
posted by ひろりん at 18:00| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。